瞑想で心と体の疲れを解消しよう

近年、瞑想が心身の疲れをとるのに良いと言われているのをご存知でしょうか?
「でも、瞑想ってどうやるの?そもそもどんなものなの?」
そう思っている人は多いと思います。

 

そこで、このページでは瞑想の効果ややり方について、
基本的な知識を紹介していくことにしましょう。

瞑想とは?

瞑想をする女性

瞑想とは、心を何かに集中させることを言います。英語ではメディテーションと呼ばれているものですね。

 

別名では心の筋トレとも言われています。瞑想を重ねることで雑念を払いのけられるので、ちょっとしたことで動じにくい強い精神を作れるのです。

 

また、目を閉じて静かに集中力を高めることで、自分自身を振り返ってみることができたり、集中力アップの効果を期待できると言われています。

瞑想をすることによってどんな効果が期待できるの?

瞑想を行うと、様々な効果を期待できます。
それでは、具体的にどのような効果を期待できるのかご紹介していきましょう。

 

心身のリラックス

瞑想を正しく行うことで、脳波がアルファ波を示しやすくなります。
アルファ波は、心身をリラックスした状態のまま集中力を高めるために必要不可欠なものです。
つまり、リラックスした状態で様々なことに意識を集中させることができるようになります。

 

心の掃除ができる

人間は寝ている時に夢を見ますが、これは脳が1日に起こったことを、
処理しているためと言われているのをご存知でしょうか?
瞑想をしている時、夢を見ている時と同じ作業を脳が行えるようになります。
そのため、瞑想することで寝る前に頭をスッキリした状態にすることができるのです。

 

体を軽くすることができる

ストレスなどで精神的に疲れを感じていると、肉体が緊張しやすくなります。
その結果体が力みやすくなり、肩こりや首のこりなどにつながってしまうのです。
瞑想は、こうした体全体の緊張を解すのにも役立ちます。
適度に瞑想を行うことで心身ともに緊張がほぐれ、体が軽くなっていくでしょう。

 

集中力を高められる

前述した通り、瞑想は心の筋トレみたいなものです。
毎日瞑想をする習慣をつけると、集中力がどんどん向上すると言われています。
そのため、様々な面で集中しやすくなり、効率が良くなるでしょう。

 

正しい瞑想のやり方

瞑想を習慣にすると言っても、正しい方法でやらなければ意味がありません。
それでは、瞑想の正しいやり方をご紹介していきましょう。

 

姿勢について

瞑想というと「あぐらをかいて足の爪先を膝の上にのせる」
なんていうポーズをイメージする人は多いと思います。
でもこれ、別に必ずやらなければならないことではありません。
つま先を膝に乗せることで姿勢が辛くなるようであれば、やらなくても大丈夫です。

 

あぐらをかいてもいいですが、椅子に座った状態や壁にもたれた状態でも構いません。
ただし、姿勢において気を付けて欲しいのは「猫背にならないこと」です。
背筋を伸ばし、良い姿勢を保ちましょう。
良い姿勢を保つことで、背骨に添ってエネルギーが上下してくれるはずです。

 

呼吸法について

瞑想では姿勢も大切ですが、呼吸法も大切となります。
この時行うのは腹式呼吸です。
ゆっくりと腹式呼吸を繰り返し、体全体に酸素を行き渡らせましょう。

 

ちなみに、腹式呼吸とは息を吸い込むと同時にお腹を膨らまし、
吐くと同時にお腹をへこますというものです。

 

出来れば瞑想の時は息を吸う時も吐く時も、鼻から行うようにしましょう。
そして時間をかけて行うことがポイントです。
体の中の悪いものを外に出すイメージで、ゆっくりと時間をかけて二酸化炭素を吐き出してください。

 

雑念処理をするには?

瞑想ではもうひとつ大切なことがあります。それが、この雑念処理です。
とりあえず瞑想をする時は何かしらに意識を集中させてみましょう。

 

簡単なのは、1から順番に数字を数えていくことです。
ゆっくりと数えていくと、だいたい20くらいで「数字を数えるのとは別の思い」が浮かんでくるのではないかと思います。
たとえば、「私なんでこんなことをしているんだろう…」とか、「今日の夕飯はどうしようかな…」など。
このように、集中しているものの他に浮かんでくる思いが雑念なのです。

 

瞑想においてこのような雑念が生まれてくるのは自然なことです。
たとえ雑念が出てきても、それを相手にしないようにしてください。ここがとても重要です。
相手にしないというのは、簡単に言えば気にしないことです。

 

たとえば車などで何となくラジオを流しっぱなしにしている時、
ラジオから流れてくる音楽や声などを気にしないことがありますよね。
そのような感じで全く気にしないようにすればいいのです。

 

こうして瞑想を行うことで、集中力を高めるだけでなく、
心身のリラックスや疲労回復などに繋げていくことができるでしょう。